高解像度オルソ空中写真
国立防災科学技術研究センター(当時の名称。現・防災科学技術研究所)が地震直後に撮影した複数時期の空中写真ロールフィルムのスキャニングデータから作成したオルソモザイク空中写真(地図と重なるように補正を行った空中写真)です。

空中写真フィルムを1,270dpi(約1億3200万画素)でスキャニングしたデータを数十〜数百枚使用し、SfM (Structure from Motion)というデジタル三角測量の技術を用いて地上解像度20cm〜40cmの高解像度オルソ空中写真を作成しています。

1. 新潟市1964年7月21日カラー撮影

観測緒元

撮影日 1964.7.21
縮尺 1/10000, 1/5000
撮影高度 1250m, 750m
備考 カメラ:RC-5a No.213
使用枚数 75枚(広域版)

2. 【広域版】新潟市1964年7月21日カラー撮影

1. 新潟市1964年7月21日カラー撮影の広域版となります。