地域防災実践ネット座談会1 〜実践者が防災科学に求めること・聞きたいこと〜

#ebosainet2016のタイムライン

メニュー

ユーザー登録 グループページ作成 手法 事例 動画 参加者一覧 交流ページ チュートリアル お試しページ

「地域防災実践ネット座談会1」を開催しました

開催報告

地域防砂実践ネット座談会1は会場参加28名、youtubeやskypeを利用した遠隔参加4名、Ustreamでのべ視聴者数225名の方に視聴いただき盛会のうちに幕を閉じました。
ご参加いただきました皆さまありがとうございました。
写真・資料・動画などを順次公開していきますので、ご参加できなかった方もご参考にしてください。

Live Stream

進行スライド(PDF)

当日の様子

座談会の説明

事例紹介

ディスカッション

防災アクション宣言

趣旨

 防災科学技術研究所では、2016年度より「総合防災情報センター」を立ち上げ、全国の多様なセクタに対して防災対策と災害対応に役に立つ情報の共有と統合に関する研究に取り組んでいます。この中で、全国の大学等が発信している様々な防災研究の成果を統合して、地域の防災・減災対策を行っている実践者に一元的に提供する「地域防災WEB」を立ち上げ、これらの研究成果を活用した防災活動を促進する参加型イベント「地域防災実践ネット」※1を行っています。

 そこで、本座談会では、「実践者が防災科学に求めること・聞きたいこと」をテーマに、防災活動に求められている情報のあり方と、その情報を有効に活用するための専門家との関わりについて、地域防災の実践者の方々をお招きし、地域で取り組まれている防災活動の事例を紹介・共有したうえで、実践者と専門家が共にディスカッションします。

 

※1 全国で構築されている地域防災に関する「手法」と「事例」の活用と、地域防災の実践過程における全国の多様な地域コミュニティ同士、地域防災の専門家との「知恵」の共有を導きながら、多様な視点とテーマで地域関係者が協力した防災活動を促進する参加型イベント(旧防災コンテスト(H22~H27))です。

概要

日時 2017年03月18日(土) 13:00~17:00(12:30受付開始)
2017年03月13日(月) プレゼン動画先行配信開始
主催 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 総合防災情報センター
会場 ビジョンセンター東京101会議室
(東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビルB1)
会場へのアクセス
※オンラインで全国どこからでも参加無制限
対象 地域防災活動に興味があり、座談会のディスカッションに参加したい方 30名程度
※ オンライン参加無制限
プログラム 13:00~13:15 開会のあいさつ・趣旨説明
13:15〜13:30 アイスブレイク
13:30~15:00 【第1部】実践者が求める利活用可能な情報
15:00~15:10 休憩
15:10~16:30 【第2部】実践者が求める専門家の関わり
16:30~16:50 防災アクション宣言
16:50〜17:00 まとめ・閉会

※プログラムは、都合により変更の可能性があります。予めご了承ください。

プログラム詳細

13:00~13:05 開会のあいさつ

防災科学技術研究所 総合防災情報センター長 臼田 裕一郎

13:05〜13:20 
「地域防災WEB」・「地域防災実践ネット」と今日の座談会の説明

防災科学技術研究所 研究員 島崎 敢)

13:20〜13:30 アイスブレイク

株式会社ラビリング 山中 知美

13:30~15:00 【第1部】実践者が求める利活用可能な情報

 地域防災分野において、国や府省庁、自治体などの行政をはじめ、様々な研究機関、大学、支援組織より、過去の災害経験や教訓、地域防災の活動事例や研究成果など、地域の防災活動に役に立つ情報が様々な種類・形で発信され流通しています。防災科学技術研究所では、これらの情報を統合して実践者に一元的に提供する取り組みとして「地域防災WEB」を研究開発しています。

 第1部では「実践者が求める利活用可能な情報」をテーマに、「地域防災WEB」から提供する情報をはじめ、様々な情報を防災活動の実践者のニーズに合ったものにしていくために、防災活動の実践者の皆さまと共に実践活動の経験を紹介・共有したうえで、実践者の視点から必要な情報や入手方法などについてディスカッションします。

事例紹介

(口:会場での口頭発表、映:映像(動画)発表)

  1. M-eラボ:中島美由紀氏(三重県・口)
  2. みてみよう常総市の会:石川理司氏(茨城県・映)→ 発表動画
  3. 能登川まちづくり協議会:今井陸之助氏(滋賀県・口)→ 発表資料
  4. 某商業施設(匿名希望):森隆志氏(千葉県・口)→ 発表資料

ディスカッション

参加:座談会参加者全員、防災科学技術研究所 研究員

15:00~15:10 休憩

15:10~16:30 【第2部】実践者が求める専門家の関わり

 地域防災の実践において、地域防災上の様々な課題や悩みを解決するためには、防災に関する情報の活用だけでなく、他の実践者の経験や防災専門家からの助言やアドバイス、多くの地域の方々からのアイデアなどを活用しながら防災活動を進めていくことが重要です。防災科学技術研究所では、これらの地域防災の実践に必要な「手法」「事例」「知恵」の活用と共有の場として「地域防災実践ネット」に取り組んでいます。

 第2部では「実践者が求める専門家の関わり」をテーマに、「地域防災実践ネット」での実践者同士の関わりをはじめ、防災活動上で抱えている悩みや課題を解決するために、防災活動の実践者の皆さまと共に実践活動の経験を紹介・共有したうえで、実践者が求めている専門家との関わりなどについてディスカッションします。

事例紹介

(口:会場での口頭発表、映:映像(動画)発表)

  1. 長野県飯田市:後藤武志氏(長野県・口)
  2. 崇城大学SCB放送局:中村美貴氏(熊本県・映)→ 発表動画発表資料
  3. チームアイジャパン:口ノ町一男氏(大阪府・映)
    発表動画発表動画フルverプロモーション動画
  4. FM桐生:小保方貴之氏(群馬県・口)

ディスカッション

参加:座談会参加者全員、防災科学技術研究所 研究員

16:30~16:50 防災アクション宣言(参加者全員)

 地域防災に関する様々な情報や専門家からのアドバイスに加え、地域防災の実践者の方々が取り組んでいる活動の過程や結果も、地域防災の実践に参考になる重要な情報(事例情報)の一つです。本座談会でのディスカッションを通じて、今後、実践者として防災活動に関する情報(事例)を広めるための工夫やアイデアを、参加者自ら宣言します。

16:50〜16:55 本日のまとめ

防災科学技術研究所 研究員 崔 青林

16:55〜17:00 今後の「地域防災web」の案内

防災科学技術研究所 研究員 三浦 伸也

17:00 閉会