手法

メニュー

ユーザー登録 グループページ作成 手法 事例 動画 参加者一覧 交流ページ チュートリアル お試しページ

手法

地域防災キット

防災科研が提供する「地域防災キット」を使って、「0準備する→1確認する→2調査する→3検討する→4活用する」といった5つのステップに従って、地域で起こりうる災害と被害を考え、それに対して地域が置かれている状況(脆弱性)と、立ち向かうために地域のみんなが協力した対策を検討する手法です。
各ステップで整理された情報は、「e防災マップづくり」「防災ラジオドラマづくり」の素材として活用できます。

e防災マップづくり

防災科研が提供する地図システム「eコミマップ」を使って、自分が住んでいる地域の地図に既存のハザードマップを重ねてみたり、防災まち歩きをして発見した危険なもの・使えそうなものなどを地図上に書き込んでみたりしながら地域防災力を向上していく取り組み方法です。
地域防災実践ネットの利用者アカウントがあれば、eコミマップを使うことができます。

防災ラジオドラマづくり

災害に関連するラジオドラマのシナリオを作ろうと思ったら、災害が起きるとどのぐらいのタイミングでどんなことが起きるのかを調べる必要があります。
そのため、災害を時間軸に沿って理解することができるようになります。
録音して実際にラジオドラマにすれば、それをみんなに聞いてもらうことで、多くの人に災害のことを理解してもらえるようになります。

「地域防災支援技術パッケージ」を活用した「地域が進める防災まちづくり」の標準プログラム

「防災」も含めた総合的なまちづくりを段階的に実践することで、住民と自治体の防災まちづくりを進めます。
従来の行政が段取りした防災まちづくりではなく、「住民先行・行政後追い」の防災まちづくりで、行政任せでなく、自発的に地域の防災力向上やまちづくりを行いたい地域の防災リーダーや団体にお奨めの手法です。

詳細 (1.9MB)PDF

地域の防災人材発掘・絆づくりによる防災・減災対策
-地域力向上による減災ルネサンス-

地域でのワークショップを通して、地域情報をデータベース化し、防災に関わる人材の発掘を行う手法です。
従来の専門家によるワークショップを通した地域防災の取り組みに加え、地域から主体となる人材を発掘・育成することを重視しています。地域と共に防災について考え、人的ネットワークを構築し、防災に活かしたいと考えている地域が主に実施する手法です。

詳細 (1.1MB)PDF

減災カルテによる自発的減災活動の推進

住民が地域や個人のリスクを認識し、防災意識を高め、具体的な防災行動に結びつかせる「わがこと」防災対策手法です。 個人や地域のリスクに対する意識は目に見えないものですが、これを定量的に評価し、可視化することで、減災活動へのインセンティブを持ってもらえるようにしています。

詳細 (1.4MB)PDF