地域防災シンポジウム2017

熊本地震を踏まえた地域防災対策の実践 ~実践者と専門家が共に築く地域防災対策の標準化と汎用化~

メニュー

ユーザー登録 グループページ作成 手法 事例 動画 参加者一覧 交流ページ チュートリアル お試しページ

地域防災シンポジウム2017

開催報告

地域防災シンポジウム2017は123名の方にご参加いただき盛会のうちに幕を閉じました。

ご参加いただきました皆さまありがとうございました。

写真・資料・動画などを順次公開していきますので、ご参加できなかった方もご参考にしてください。

資料・動画

開会あいさつ(動画)

第1部 「平成28年熊本地震に対する科学技術関連の取組に関する報告」(動画)

第2部 「地域防災対策支援研究プロジェクト研究成果報告」(動画)

「地域防災対策支援研究プロジェクト」の概要

個別研究課題の実施状況と成果

  1. 「統合化地域防災実践支援 Webサービスの構築」
    防災科学技術研究所 社会防災システム研究部門 主任研究員 臼田 裕一郎
  2. 「北海道中標津町の吹雪発生予測システムを核とした根室地方北部の冬季地域防災対策の高度化」
    防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター センター長 上石 勲
  3. 「千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策」
    千葉大学大学院 工学研究科 准教授 関口 徹
  4. 「地域防災対策支援技術パッケージの一般化と普及方策の研究」
    東京大学 生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター 准教授 加藤 孝明
  5. 「地域力向上による減災ルネサンス」
    名古屋大学 減災連携研究センター 特任教授 護 雅史
  6. 「大阪平野西部市街地域における表層地盤の地震挙動に関する防災情報の整理と検討」
    京都大学大学院 工学研究科 教授 三村 衛
  7. 「フェーズドアレイ気象レーダーによる超高速3次元観測リアルタイムデータを活用した局地的風水害の防災・減災対策支援」
    大阪大学大学院 工学研究科 准教授 牛尾 知雄
  8. 「臨床環境学の手法を応用した火山防災における課題解決法の開発」
    名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 山岡 耕春

第3部 「熊本地震を踏まえた地域防災対策の実践(ディスカッション)」
    (動画・資料)

「地域防災対策支援研究プロジェクト」参加先生 8名

「地域防災実践ネット」の参加実践者

  • チーム熊本(熊本県)  稲田 悠樹 氏 ・・・ 動画スライド
  • 防災本舗(静岡県)  濱口 恭彦 氏 ・・・ 動画スライド
  • チーム・アイジャパン(大阪府) 口ノ町 一男 氏 ・・・ 動画スライド

「地域防災対策支援研究プロジェクト」参加先生 8名

閉会あいさつ(動画)

詳細(概要・プログラム等)

【地域防災シンポジウム2017】の開催について

(2017.1.19更新)

熊本地震を踏まえた地域防災対策の実践

~実践者と専門家が共に築く地域防災対策の標準化と汎用化~

文部科学省
防災科学技術研究所

1. 趣旨

 文部科学省では、平成25年度から「地域防災対策支援研究プロジェクト」として、地域の防災力の向上のため、全国の大学等における理学・工学・社会科学分野の防災研究の成果を一元的にまとめるデータベースを構築するとともに、全国11地域を対象に地域特性やニーズを踏まえ、産学官の体制で研究成果を活用した効果的な防災対策の取組を行っています。

 これを受け、防災科学技術研究所では、これらの対策技術を活用した実践における参加グループ同士の「知恵」の共有を導く参加型イベント「地域防災実践ネット」(旧防災コンテスト)を開催しています。

 平成28年4月に発生した熊本地震においても、それぞれの地域の特性にあわせて、大学等の研究成果を地域防災対策や防災教育の実践につなげることが、地域の防災力の向上や発災後の復旧・復興に重要な役割を果たしていくものと再認識されています。

 こうした観点から、この度、平成28年(2016年)熊本地震に対する科学技術関連の取組の報告とあわせ、それらの成果を踏まえた今後の地域防災対策をテーマとした【地域防災シンポジウム2017】を、文部科学省と国立研究開発法人防災科学技術研究所が共催で開催しますのでお知らせします。

お 申 し 込 み

お申し込みの受付を閉め切りました。ありがとうございました。

2. 概要

共催 文部科学省、国立研究開発法人防災科学技術研究所
日時 2017年  1月20日(金) 10:00~17:00(09:40受付開始)
会場 文部科学省第2講堂(旧文部省庁舎6階 第2講堂)
東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
文部科学省への地図 旧庁舎正面入構版(20170119更新).pdf
※オンライン配信します。詳細URLは追ってお知らせいたします。
対象 地域防災対策に興味のある方(先着250名、参加費無料)
※参加者多数の場合は、事前申し込みを優先し、先着順とさせていただきます。
プロ
グラム
(予定)

チラシ
10:00~10:10 開会挨拶
10:10~12:00 【第1部】平成28年熊本地震に対する科学技術関連の取組に関する報告
10:10~10:15 熊本地震に対する科学技術関連の取組の概要
10:15~10:40 科学研究費補助金(特別研究促進費)での取組
「2016年熊本地震と関連する活動に関する総合調査」
質疑(5分程度)
10:45~11:05 防災科学技術研究所の取組(生活再建支援)
11:05~11:25 防災科学技術研究所の取組(土砂災害対策)
質疑(5分程度)
「国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)の取組」
11:30~11:40 平成28年熊本地震災害の全体像の把握
11:40~11:50 活断層ごく近傍の強震動調査に基づく地震ハザード評価の高度化
質疑(10分程度)
12:00~13:00 休憩
13:00~15:00 【第2部】地域防災対策支援研究プロジェクト研究成果報告
13:00~13:10 「地域防災対策支援研究プロジェクト」の概要
13:10~15:00 個別研究課題の実施状況と成果
15:00~15:15 休憩
15:15~16:50【第3部】熊本地震を踏まえた地域防災対策の実践(ディスカッション)
15:15~15:25 趣旨・進行方法の説明
15:25~16:50 ディスカッション(円卓会議)
16:50~17:00 閉会挨拶

※プログラムは、都合により変更の可能性が有ります。予めご了承ください。

 

3. プログラム(詳細)

09:40~ 受付開始

10:00~10:10 開会挨拶

文部科学省 大臣官房審議官(研究開発局担当)  白間 竜一郎
国立研究開発法人防災科学技術研究所 理事長 林 春男

10:10~12:00 
【第1部】平成28年熊本地震に対する科学技術関連の取組に関する報告

10:10~10:15 熊本地震に対する科学技術関連の取組の概要

文部科学省

10:15~10:40 科学研究費補助金(特別研究促進費)での取組
          「2016 年熊本地震と関連する活動に関する総合調査」

東京大学地震研究所 准教授 酒井 慎一

質疑(5分程度)

10:45~11:05 防災科学技術研究所の取組(生活再建支援)

防災科学技術研究所 上石 勲

11:05~11:25 防災科学技術研究所の取組(土砂災害対策)

防災科学技術研究所 酒井 直樹

質疑(5分程度)

【国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)での取組】

11:30~11:40 平成28年熊本地震災害の全体像の把握

防災科学技術研究所 花島 誠

11:40~11:50 活断層ごく近傍の強震動調査に基づく地震ハザード評価の高度化

防災科学技術研究所郝(はお) 憲生

質疑(10分程度)

12:00~13:00 休憩

13:00~15:00 【第2部】地域防災対策支援研究プロジェクト研究成果報告

13:00~13:10 「地域防災対策支援研究プロジェクト」の概要

文部科学省

13:10~15:00 個別研究課題の実施状況と成果

  1. 統合化地域防災実践支援 Webサービスの構築
    防災科学技術研究所 社会防災システム研究部門 主任研究員 臼田 裕一郎
  2. 北海道中標津町の吹雪発生予測システムを核とした根室地方北部の冬季地域防災対策の高度化
    防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター センター長 上石 勲
  3. 千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策
    千葉大学大学院 工学研究科 准教授 関口 徹
  4. 地域防災対策支援技術パッケージの一般化と普及方策の研究
    東京大学 生産技術研究所 都市基盤安全工学国際研究センター 准教授 加藤 孝明

質疑(10分程度)

  1. 地域力向上による減災ルネサンス
    名古屋大学 減災連携研究センター 特任教授 護 雅史
  2. 大阪平野西部市街地域における表層地盤の地震挙動に関する防災情報の整理と検討
    京都大学大学院 工学研究科 教授 三村 衛
  3. フェーズドアレイ気象レーダーによる超高速3次元観測リアルタイムデータを活用した局地的風水害の防災・減災対策支援
    大阪大学大学院 工学研究科 准教授 牛尾 知雄
  4. 臨床環境学の手法を応用した火山防災における課題解決法の開発
    名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 山岡 耕春

質疑(10分程度)

15:00~15:15 休憩(会場配置換え)

15:15~16:50 
【第3部】熊本地震を踏まえた地域防災対策の実践(ディスカッション)

 【進行】

防災科学技術研究所 社会防災システム研究部門
  主任研究員 李 泰榮 ・ 特別研究員 島崎 敢

防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター センター長 上石 勲

15:15~15:25 趣旨・進行方法の説明

15:25~16:50 ディスカッション(円卓会議)

  • 「地域防災対策支援研究プロジェクト」参加先生 8名
  • 「地域防災実践ネット」の参加実践者
    • チーム・アイジャパン(大阪府) 口ノ町 一男 氏
    • チーム熊本(熊本県)  稲田 悠樹 氏
    • 防災本舗(静岡県)  濱口 恭彦 氏

16:50~17:00 閉会あいさつ