HSVNとは

HSVN設立の趣旨など

ブロックHTML

HSVNの役割、設立趣意書

 


 

『葉山災害ボランティアネットワーク(略称:HSVN)』 設立趣意書 

1.趣旨
 近年、情報ネットワークの拡大に伴い、大きな災害や被害が起きたときには、国内外から、迅速かつ多数のボランティア支援が寄せられる状況となりました。これら多くの支援は、被災者に勇気を与え、復旧復興の確実な礎となっています。
しかし、阪神・淡路大震災の時は、駆け付けた多数のボランティアが十分にその力を発揮することなく、支援活動に混乱が生じるという場面が見られました。ボランティアについての知識や経験が、する側にも受ける側にもまだ定着していなかったことが理由の一つと見られています。
その後も、日本海重油流出事故や新潟県中越地震など、ボランティアが多数活躍した現場でも、一部ボランティアと地元との協力に混乱が見られました。
これらの反省を経て、行政や地元の団体、NPO、社会福祉協議会などの“地域に根ざした機関・団体”の主体性なくしては、災害ボランティア活動の円滑な立ち上げやコーディネート、また収束が難しいことが、次第に認識されるようになってきました。
地域と災害ボランティアが、平素から「顔の見える関係」を築くということが大切であると理解されるようになってきたのです。
そして、昨年の東日本大震災の経験を踏まえ、また、首都圏直下型地震の発生確率が高いとの予測が語られる中にあって、行政の限界を超えて、膨大で多様なニーズに柔軟に対応できる力としての 『災害ボランティア活動』 の意義と重要性が、改めて強く認識されるようになりました。
 過去の災害で私たちが得た様々なノウハウは、次世代への財産でもあります。災害の発生は防ぐことはできませんが、その貴重な教訓を生かし、助け合いの精神とともに将来に繋げて行くことは可能であり、そうしなければなりません。
いつ、どこで災害が発生するか確実な予測はできませんが、その時に備えて、平時の今こそ災害ボランティアを育て被災時に受け入れるシステムや相互扶助で支え合う地域の構築に向けた取り組みが必要です。葉山町において、被災時に、こうした災害復旧支援にあたるボランティアを受け入れ、その力を生かすことができる組織の設立が必要とされているのです。

2.設立に至るまでの経緯
  平成23年9月、葉山町社会福祉協議会(社協)の企画で、岩手県釜石市へ復興支援バスが運営され、30名のボランティアが参加しました。被災状況を目の当たりにして、この大きな困難に継続して支援をしなければならないと改めて心に刻むとともに、災害ボランティアの活動調整作業を行っている “災害ボランティアセンターや災害ボランティアコーディネーター” の位置づけや役割の重要性を認識させられました。
 
11月21日、ボランティアバス参加者と社協の呼びかけで、被災地支援を行っていた町内のボランティア経験者も交えて 『災害ボランティアセンター(VC)について考える会』 が開かれました。
「葉山が被災した場合、どこの組織がどのような行動をとるべきか」とか、「災害ボランティアセンターの必要性や役割」、あるいは、「今後の被災地復興支援の継続」などを熱心に議論し、 『(仮称)葉山災害ボランティアネットワーク準備会』 を立ち上げることになりました。以来、平成24年5月の正式発足を目指し、被災地支援の検討や災害ボランティアセンターについての学習会を重ねてきました。
この3月には、『準備会』が主催した42名の参加の被災地支援ボランティアバスが宮城県東松島市へ向かい、海岸清掃や被災住宅の後片付けなどの支援を行ってきました。現地では、ボランティアコーディネーターと地元の被災者とを交えた懇談会も行なわれ、現地の人しか語れない被災当時の状況と、その後のボランティアたちとの活動との有様を聞くことができました。
私たちは、この短い期間の経験からでも、ボランティアの力の強さを改めて認識することができました。そして、一層、“地域に根ざした機関・団体”が主体の災害ボランティア組織の必要性を強く感じましたので、本日ここに 『葉山災害ボランティアネットワーク(略称 HSVN)』 の設立を提起するに至りました。

3.本会が目指すもの
 本会は、葉山町が大規模な災害に被災した時に、行政や地元の団体、NPO、社会福祉協議会などの “地域に根ざした機関・団体” との連携・協働により、災害ボランティアセンターの設置および運営を、地域住民主導で行い、以って円滑な救援活動が行なわれることを目指します。
また、不断の活動として、被災地への具体的な支援活動を行ない、被災された方々の復旧復興に資するとともに、このことを通して災害に関する多くの知識や実践的なスキルを教訓として学び、災害ボランティアコーディネーターの育成に努めます。
 さらに、地域と災害ボランティアが、平素から「顔の見える関係」を構築できるよう、交流や情報交換に努めるとともに、被災支援訓練などにも取り組んでいきます。
  以上、ここに 『葉山災害ボランティアネットワーク(略称 HSVN)』 を設立しようとするものです。
 

 

               平成24年5月19日
『(仮称)葉山災害ボランティアネット準備会』 
会長 丸 恭輔

ファイル倉庫

最近の投稿
ポスティング・配布用20161005.pdf
kakimoto
PDFファイル
404.6KB
2016/10/05 11:58
ポスティング・配布用20161005.pdf
kakimoto
404.6KB
2016/10/05 11:58
HSVNとは.jpg
kakimoto
JPEG画像
102.4KB
2015/07/23 11:18
HSVNとは.jpg
kakimoto
102.4KB
2015/07/23 11:18

グループ参加と参加者リスト

kakimoto さん
吉田 見岳 さん
西山利廣 さん
矢嶋恵子 さん
岡村恭子 さん
増田佳恵 さん