eコミ流山とは

eコミ流山は、流山市役所と(研)防災科学技術研究所との共同研究「流山市における災害リスク情報のオープンデータ化とその利活用に関する実践的研究」における「災害に強い地域づくり事業」の一環として構築した、地域での各種活動を支援する地域ポータルサイトです。都心から一番近い森のまち流山市の情報発信基地として、市内の皆様に利活用されるサイトを目指します。

eコミマップ

閲覧できるマップはありません。

過去の実施状況

検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

リンク

流山市
マッピングパーティー
↑ eコミ流山で実施しました。

実施状況(事務局より)

【開催報告】「地区防災計画づくり」第4回ワークショップ(2月7日)

 平成27年度「災害に強い地域づくり」のモデル事業として、「地区防災計画づくり」第4回ワークショップを行いました。計画づくりの最後の議論となる今回のワークショップでは、東部地区(東小学校区及び向小金小学校区)の自治会の方々が集まり、1月16日、23日に行われた防災まちあるきの情報をもとに、「地域の危険箇所」「資源」をまとめた防災マップづくりを行いました。また、第3回目に「地区の災害時の対策」として、地域資源である「人・組織、もの・施設」を活用しながら、ストーリーとしてつながるように洗いだした「災害時の対応」「平時の取り組み」を、具体的な関係者や協力者をリストアップした「防災アクションプラン(行動計画)」として、議論しまとめました。

概要

日時 2016年2月7日(日)10:00~12:00
会場 流山市役所第2庁舎301・302会議室
主催 流山市東部地区自治会連合協議会
協力 流山市役所防災危機管理課
国立研究開発法人 防災科学技術研究所
参加 東部地区(東小学校区及び小金向小学校区)の自治会の方々 約30名

当日の資料


地区防災計画
づくり4

地区防災
計画づくり
資料集

書き込み用紙

プログラム

10:00~ 1.開会あいさつ(市、地区)
10:05~ 2.前回の振り返り
10:10~ 3.防災マップの作り方を学ぶ
4..防災マップを作る<グループ作業>
11:00~ 5.計画の運用を考える
6.防災アクションプランを立てる<グループ議論>
11:45~ 7.グループ発表
12:00~ 8.閉会あいさつ、次回案内

ワークショップの詳細

1.開会あいさつ、「地区防災計画づくり」

流山市防災危機管理課の司会進行のもと、計画づくりがまとめの段階にあること、東部地区自治会連合協議会長より、3月5日の地域住民への説明会に向けて活発な議論をと挨拶。

2.前回やったこと

これまでの計画づくり及び防災まちあるきを、「計画案」の内容に照らし合わせてふり返り、確認。

3.防災マップの作り方を学ぶ

前回の議論で洗い出した対策を共有するために防災まちあるきを行い、実際に自分たちの目で確認した「危険箇所」「地域資源」を、防災マップの情報として空間的に整理。

4.防災マップを作る
<グループ作業>

防災まちあるきを行った6グループに分かれ、写真を危険箇所・地域資源に選別し、名称や場所などの情報を記入。まちあるきの際にルートなどを書き込んだ地図シートをもとに、白地図に危険箇所・地域資源のあった場所にシールを貼りマーキング。余白に写真を配置し、歩いたルートを記入。出来上がった防災マップに、前回議論した「災害時の理想的な対応」を付箋に書き出し貼り付けて、地域の問題点を議論。

5.計画の運用を考える

地区防災計画の運用について、少しずつステップアップしていくことを前提に、役割分担、備蓄品のチェック、定例の会議・まちあるきなどの「実践・検証」をし、その結果を地区住民と意見交換する「評価」を経て、計画の見直しを行う「見直し」のサイクルを繰り返していくことを学ぶ。


6.防災アクションプランを立てる
<グループ議論>

地区として災害時の対策に取り組むために、前回議論した「地区の災害時の対策」の「事前に取り組んでおくべきこと」をもとに、具体的なアクションを整理し、実行に関わる関係者・協力者をリストアップした上で目標期間を設定し、アクションプラン(行動計画)としてまとめる。

7.グループ発表・共有

各グループが議論してまとめた「防災アクションプラン」を発表し、全員で共有。

8.閉会あいさつ、次回案内

市より次回の日程、場所の確認。その後、東部地区自治会連合協議会の野路事務局長が、次回、地区住民への東部地区防災計画案の説明を行う発表者(3名)の決定、事前打ち合わせの出席の調整を行い、閉会挨拶。

次回案内

「地区防災計画づくり」第5回ワークショップは、2016年3月5日(土)10:00~ 12:00、東部公民館大会議室にて開催する予定です。次回は、住民等に「東部地区防災計画(案)」の必要性を説明し賛同を得るための説明会で、最後のワークショップになります。住民の方々に集まっていただき、これまでの議論の結果を「東部地区防災計画(案)」としてまとめたものを、「地区防災計画とは」「東部地区の議論した4回の経過報告」「計画案の内容」として説明し、意見を聞きます。住民等から出された意見をもとに計画案の修正を行い、市の防災会議に提出します。