画像データおよびAPIの利用に関する技術情報

水害地形分類図オープンデータ

国立研究開発法人 防災科学技術研究所自然災害情報室

画像ファイル(JPEG, TIFF)に関する情報

  • 当所で所蔵している紙地図を600dpiによりスキャニングしました。
  • ファイル形式はJPEG、TIFFファイルの2種類です。ZIPファイルにより圧縮しておりますので、各自ファイルを解凍してご利用ください。
  • 各ページに以下のようなバナー(サンプル)があり、バナーをクリックすることでダウンロードができます。バナー右側に記載されている数値はファイルサイズです。

地理情報システム(GIS)から利用する際の情報

以下の内容は地理情報システム(GIS)をお使いになっている方向けの技術情報です。地図APIとしてWMS、タイル地図、TMSの3種類がご利用になれます。

GeoTIFF形式

  • TIFF形式の画像のジオリファレンス情報が格納されています。画像処理ソフトウェアでは通常の画像として表示されますが、幾何的な補正を行っているため画像が回転しています。GISソフトウェアで表示するとGISデータとして扱われます。
  • EPSG:4326(正距円筒図法)
  • 各ページに以下のようなバナー(サンプル)があり、クリックするとダウンロードができます。バナー右側に記載されている数値はファイルサイズです。

地図API

Web Map Serivice (WMS)

  • 地図の画像をURLのパラメータにより取得する国際標準のインタフェースです。

タイル地図 (ZXY / XYZタイル)、Tile Map Service(TMS)

  • タイル状に分割された地図を取得するインタフェースです。以下の2種類があります。
  1. タイル地図 (ZXYタイル, XYZタイル)
    タイル地図は、国土地理院の地理院タイルと同様の方式です。技術情報の詳細は国土地理院のページをご覧ください。
  2. Tile Map Service (TMS)
    TMSはタイル地図と同様の方式ですが、南北のパラメータがXYZタイルと逆となっています
  • 対応ズームレベル:1~16
  • EPSG:3857, 900913(Webメルカトル)