手法・事例

手法・事例

地域防災キット

防災科研が提供する「地域防災キット」を使って、「0準備する→1確認する→2調査する→3検討する→4活用する」といった5つのステップに従って、地域で起こりうる災害と被害を考え、それに対して地域が置かれている状況(脆弱性)と、立ち向かうために地域のみんなが協力した対策を検討する手法です。
各ステップで整理された情報は、「e防災マップづくり」「防災ラジオドラマづくり」の素材として活用できます。

e防災マップづくり

防災科研が提供する地図システム「eコミマップ」を使って、自分が住んでいる地域の地図に既存のハザードマップを重ねてみたり、防災まち歩きをして発見した危険なもの・使えそうなものなどを地図上に書き込んでみたりしながら地域防災力を向上していく取り組み方法です。
地域防災実践ネットの利用者アカウントがあれば、eコミマップを使うことができます。

防災ラジオドラマづくり

災害に関連するラジオドラマのシナリオを作ろうと思ったら、災害が起きるとどのぐらいのタイミングでどんなことが起きるのかを調べる必要があります。
そのため、災害を時間軸に沿って理解することができるようになります。
録音して実際にラジオドラマにすれば、それをみんなに聞いてもらうことで、多くの人に災害のことを理解してもらえるようになります。

各地で行われている手法や事例が閲覧できる「地域防災Web」

地域の防災担当者(自治体職員・地域防災リーダー)に役立つ防災対策手法や事例を提供するWebサービス「地域防災Web」の実証実験を7月3日(月)よりはじめました。ぜひ、アカウントを申請いただき、地域での防災活動の実践にご活用ください。

 

 

 

地域防災活動の事例を集めています。登録をご希望の方はこのページの下部をご確認下さい。

地域防災実践ネットの活動事例(2016~)準備中

地域防災実践ネット参加者の皆さんの事例集です。現在募集中です。

e防災マップづくりの事例(第1回~第6回)

第1回~第6回防災コンテストの受賞作品集です。

防災ラジオドラマづくりの事例(第1回~第6回)

第1回~第6回防災コンテストの受賞作品集です。

防災教育チャレンジプランの事例

内閣府が行なっている防災教育チャレンジプランのページにも優れた事例がたくさんあります。 リンクはトップページです。「防災教育事例集」に進んでください。