地域防災シンポジウム2018

2018年1月27日に開催された「地域防災シンポジウム2018」(共催:文部科学省、防災科研)では、地域防災対策支援研究の成果の報告と、地域防災の実践者同士・防災専門家による専門知の共有と地域課題の解決を目指した意見交換と交流を行いました。

地域防災シンポジウム2018

1. 趣旨

 文部科学省では、平成25年度から「地域防災対策支援研究プロジェクト」として、地域の防災力の向上のため、全国の大学等における理学・工学・社会科学分野の防災研究の成果を一元的にまとめるデータベースを構築するとともに、全国11地域を対象に地域特性やニーズを踏まえ、産学官の体制で研究成果を活用した効果的な防災対策の取組を行っています。

 これを受け、防災科学技術研究所では、本プロジェクトの一環として「統合化地域防災実践支援Webサービスの構築」に取り組んでいます。中でも、地域の防災担当者(自治体職員・地域防災リーダー)に役立つ防災対策手法や事例を提供するWebサービス「地域防災Web※1を立ち上げるとともに、これらの対策技術を活用した実践における参加グループ同士の「知恵」の共有を導く参加型イベント「地域防災実践ネット※2に取り組んでいます。

 本シンポジウムでは、この「地域防災Web」をはじめとした地域防災対策支援研究の成果の報告と、地域防災の実践者同士・防災専門家による専門知の共有と地域課題の解決を目指した意見交換と交流を行います。地域の防災活動に関心がある方々、実践したい方々、支援を行いたい方々のご来場をお待ちしております。

プログラム(PDF)

※資料1・・・「地域防災Web」チラシ (PDF)
※資料2・・・「地域防災実践ネット」チラシ (PDF)

2. 開催概要

名称 地域防災シンポジウム2018
~全国各地の防災対策の知恵を地域に活かす~
共催 文部科学省、国立研究開発法人防災科学技術研究所
日時 2018年1月27日(土)13:30~16:30(13:10受付開始)
会場 池袋サンシャインシティ文化会館2階展示ホールD
(東京都豊島区東池袋3-1)
「ぎゅっとぼうさい博!2018」シンポジウム会場
対象 行政の防災担当、地域防災リーダー、一般市民など、防災活動に関心がある方々、防災活動を実践したい方々、地域防災活動への支援を行いたい方々
定員 200名程度(申し込み先着順) 申し込みは終了しました
プロ
グラム
13:30~【第1部】平成29年度地域防災対策支援研究プロジェクト成果報告会
15:10~【第2部】地域防災座談会

※10:00~16:30【展示】測る・知る・学ぶ!地域防災(「ぎゅっとぼうさい博!2018」展示会場)

プログラム(PDF)

3. プログラム(詳細)

13:10~ 開場・受付開始

13:30~15:00 
【第1部】平成29年度 地域防災対策支援研究プロジェクト成果報告会

文部科学省では、平成25年度から「地域防災対策支援研究プロジェクト」として、地域の防災力の向上のため、全国の大学等における理学・工学・社会科学分野の防災研究の成果を一元的にまとめるデータベースを構築するとともに、全国11地域を対象に地域特性やニーズを踏まえ、産官学の体制で研究成果を活用した効果的な取り組みを行ってきました。毎年実施している成果報告会も今年度で最終年となることから、今回は「ぎゅっとぼうさい博!2018」の中で今年度の成果発表をするとともに、地域防災の展望と今後の課題について考えます。

全体進行:文部科学省研究開発局地震・防災研究課防災科学技術推進室

13:30~13:40  開会挨拶

文部科学省 大臣官房審議官(研究開発局担当) 大山 真未

13:40~14:50  個別研究課題の実施状況と成果

  1. 「統合化地域防災実践支援 Webサービスの構築」
    防災科学技術研究所 総合防災情報センター センター長 臼田 裕一郎
  2. 「北海道中標津町の吹雪発生予測システムを核とした根室地方北部の冬季地域防災対策の高度化」
    防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター センター長 上石 勲
  3. 「千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策」
    千葉大学大学院 工学研究科 准教授 関口 徹
  4. 「地域防災対策支援技術パッケージの一般化と普及方策の研究」
    東京大学 生産技術研究所 准教授 加藤 孝明
  5. 「地域力向上による減災ルネサンス」
    名古屋大学 減災連携研究センター 特任教授 護 雅史
  6. 「大阪平野西部市街地域における表層地盤の地震挙動に関する防災情報の整理と検討」
    京都大学大学院 工学研究科 教授 三村 衛
  7. 「臨床環境学の手法を応用した火山防災における課題解決法の開発」
    名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 山岡 耕春

14:50~15:10  質疑応答・休憩・配置換え

15:10~16:25 【第2部】地域防災座談会

 地域防災対策支援研究プロジェクトの一環として、防災科学技術研究所では、防災研究の成果を防災実践者に一元的に提供する「地域防災Web」(ツール)を公開し、その活用を通じた防災対策の実践を促す「地域防災実践ネット」に取り組んでいます。そこで、本取り組みに参加している地域防災リーダーと行政の防災担当者の方々をお招きし、防災対策の事例紹介を通じた防災対策のアイデア共有をはじめ、防災対策の実践に対するお互いの悩みと望み、両者の協力等について、地域の防災対策の専門家(第1部の個別研究課題担当)を交えて議論(円卓型のパネルディスカッション形式)します。

15:10~15:15  趣旨・進行方法の説明

防災科学技術研究所 研究員 李 泰榮・島崎 敢

15:15~16:25  ディスカッション(円卓会議)

自治体防災担当

  • 東京都世田谷区松沢まちづくりセンター 防災担当係長 乘松 敬子 氏
  • 千葉県流山市市民生活部防災危機管理課 課長 鶴巻 浩二 氏
  • 長野県飯田市危機管理室 防災係長 後藤 武志 氏
  • 茨城県つくば市危機管理課 課長補佐 鬼塚 宏一 氏

地域の防災リーダー

  • 静岡県沼津市 防災本舗 濱口 恭彦 氏
  • 埼玉県ふじみの市 滝自治会 猪瀬 浩二 氏
  • 滋賀県東近江市 能登川地区まちづくり協議会 今井 陸之助 氏

防災専門家・研究員

  • 「地域防災対策支援研究プロジェクト」個別課題実施団体担当 4名程度
  • 国立研究開発法人防災科学技術研究所 地域防災担当研究員 2名程度

16:25~16:30 閉会挨拶

防災科学技術研究所 総合防災情報センター センター長 臼田 裕一郎

常設展示ブース

10:00~16:30 測る・知る・学ぶ!地域防災(常設展示ブース)

 本シンポジウムと並行して同会場内に、地域防災対策支援研究プロジェクトのブースでは、「地域防災実践ネット」のオフラインイベントとして、防災専門家と一緒に、防災意識を測って全国平均と比べたり、地域に潜んでいる災害の危険性を知り、防災対策の知恵が学べる「測る・知る・学ぶ!地域防災」を開設しています。是非お立ち寄りください!!

体験内容

防災意識を測ろう

「防災意識尺度」を使って、あなた個人や家族、町内会の人たち等、20問の質問に答えることで、防災意識を測って全国平均と比べることができます。

地域の災害危険性を知ろう

「地域防災Web」を使って、あなたが住んでいる地域に潜んでいる災害の危険性を確認することができます。

防災対策の知恵を学ぼう

「地域防災Web」を使ってあなたの地域と似たような地域で取り組まれている防災対策の手法や事例を学び、「地域防災実践ネット」を通じて防災対策の実践に向けた地域関係者同士や地域同士の協力関係づくりについて学ぶことができます。

※ 各体験内容と結果については、防災専門家より詳しく解説します。また、体験した結果は、資料として印刷してお持ち帰りいただけます。