防災本舗

・第3回防災コンテストより参加させて頂きましたが、この度「地域防災実践ネット」への移行を行い、横の繋がりを期待しています。
 主に地元児童防災を中心に活動し、現在は沼津市立長井崎中学校、沼津市立西浦小学校および校区内9地区を束ねる西浦地区連合自治会等と参画し、「地元のことは地元が一番知っている!」をコンセプトに行政主導でなく、子どもたちを中心とした地域防災活動を行っています。

プロフィール

グループ参加と参加者リスト

防災本舗 濱口 さん

ブログアーカイブ

活動記録

【その2】防災キャンプin西浦 -2年生-

 小学2年生は5名と補助として中学生1名で当初は断水したらどうやって水を流すのかという小学校の汚水桝を開け、実際にバケツを使って便器から水を流しどのくらいの水が必要か?という排水する実験を行う予定でしたが、活動場所が地区センターへ移動となり、「すごろくゲーム」を作って遊びながら防災を勉強するカリキュラムに変更しました。

 このアイディアは子どもたち3名も参加して頂いている保護者の方からの提案で材料なども全て用意して頂き助かりました。

 

 模造紙に3㎝×8㎝程度の紙に防災に関する事項が書かれていて、自分たちでノリ付けしすごろくゲームを完成させるというものです。

 

配布資料より抜粋

 

 

 

※画像内にてオレンジ色のビブスを着ているのが、静岡大学学生防災ネットワークの学生たちです。


簡易検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索