eコミュニティ・プラットフォーム

動作環境

「eコミュニティ・プラットフォーム」の動作環境についてご紹介していいます。

ソフトウェア環境

eコミ グループウェア

項目 使用条件
OS Red Hat Enterprise Linux ES 5 相当以降
(CentOS5にて動作実績あり)
Webサーバー Apache 2.2.3 以降
データベース MySQL5以降
PHP php5以降
メール送信サーバー Postfixもしくはqmailが利用可能なこと
メール受信サーバー Dovecotが利用可能なこと
その他 ImageMagick(コマンドで操作する画像処理ソフト)が利用可能であること。

※上記条件の詳細はご使用されているサーバーの管理者に確認してください。

eコミ マップ

名称 ソフトウェア詳細
OS Red Hat Enterprise Linux ES 6 (推奨)
CentOS 6 (推奨)
Red Hat Enterprise Linux ES 5
CentOS 5
(※64bitOS推奨)
Webサーバ Apache 2.2.3 以降
Javaランタイム Java 7 (推奨)
Java 6
Servletエンジン Jetty 6.1.8以降 (GeoServerに含まれる)
GIS用データベース PostgreSQL9.1 + PostGIS1.5
PostgreSQL 8.3.4以降 + PostGIS 1.3.5以降 (推奨)
※PostGIS2では動作しません。
GISエンジン GeoServer 2.1.4, 2.3.5

※上記条件の詳細はご使用されているサーバーの管理者に確認してください。

相互運用gサーバー

名称 ソフトウェア詳細
OS Red Hat Enterprise Linux ES 5 相当以降
Webサーバー Apache 2.2.3 以降を推奨
Javaランタイム Java2 Version6以降を推奨 (Java SE 1.6.0以降)
Servletエンジン Jetty 6.1.8以降(GeoServerに含まれる)
GIS用データベース PostgreSQL 8.3.4以降 + PostGIS 1.3.5以降
GISエンジン GeoServer 2.1.4
PHP php4.4.6以降

※上記条件の詳細はご使用されているサーバーの管理者に確認してください。

災害リスク情報クリアリングハウス

名称 ソフトウェア詳細
OS Red Hat Enterprise Linux ES 6 (推奨)
CentOS 6(推奨)
Red Hat Enterprise Linux ES 5
CentOS 5
※64bit OS推奨
Web サーバー Apache 2.2 以降
Java 実行環境 Oracle Java JDK7以降
データベースサーバ PostgreSQL 9.2以降
Servlet実行環境 Apache tomcat 7.0以降

※上記条件の詳細はご使用されているサーバーの管理者に確認してください。

見守り情報管理システム

項目 使用条件
OS Red Hat Enterprise Linux ES 5.3 相当以上
CentOS 5.3 相当以上
Fedora 10 相当
(※64bitOS 推奨)
Webサーバー Apache 2.2.3 以降
Javaランタイム Java SE 6 以降 (Java version 1.6.0 以降)
Servlet エンジン Jetty 6.1.8 以降 (GeoServer に含まれる)
GIS 用データベース PostgreSQL 8.3.4 以降 + PostGIS 1.3.5 以降
GIS エンジン GeoServer 2.1.3
その他 CPU Intel Core2Duo E6600 以上 (Xeon4 コア以上推奨)
メモリ4GB DDR2 以上 (16GB 以上推奨)
ハードディスク30GB以上 (SAS 100GB 以上RAID5 推奨)

※上記条件の詳細はご使用されているサーバーの管理者に確認してください。

サーバー環境

eコミ グループウェア

一般的な 共用レンタルサーバーにて使用可

eコミ マップ、相互運用gサーバー、災害リスク情報クリアリングハウス、見守り情報管理システム

一般的な 専用レンタルサーバーにて使用可。専用レンタルサーバであれば、これら4つのシステムは同一サーバへインストールが可能です。なお、eコミマップには背景地図は含まれておりません。