官民協働危機管理クラウドシステム

システム公開ページ

国立研究開発法人 防災科学技術研究所お問い合わせ

公式バナー(利用自由)

官民協働危機管理クラウドシステム

ブロックHTML

システム公開ページ

本システム(官民協働危機管理クラウドシステム)について

(最終更新日: 2014-3-31 )

本システムは、東日本大震災後の災害対策基本法の改正を踏まえ、広域的な支援を実現するために必要となる防災情報を、防災関係機関や地域住民など、様々なステークホルダーが円滑に共有することを目的に、以下のコンセプトに基づき開発されました。

(1) 人命にかかわる初動の災害対応を中心とした構成

自治体の災害対応において、最も重要であり優先的に実施されるべき人命救助等、初動期における重要業務を中心に構成します。また、対象災害としては、地震・津波災害、水・土砂災害、火山災害の3つに対応します。

(2) 災害時における情報共有や相互連携の重視

自治体の災害対応においては、様々な関係機関と円滑な情報連携・共有したうえで、的確な災害対応を行うことが重要です。それを実現するために、標準的なシステム間の連携方式を採用します。

(3) クラウド環境の活用

災害時においてもデータおよびシステム損失の可能性が低い利用環境として、クラウド環境を利用することを前提とします。

(4) ワンストップによる住民等への情報伝達

システムにより共有された様々な災害情報に基づき、判断・意思決定された内容を円滑に市民に伝えるために、多様な伝達手段に対し、迅速かつ円滑に情報提供が可能なシステムとします。

(5) オープンソース・ライセンスによるベンダーロックインの回避

本システムのソースコードは、オープンソースのライセンス(GPL)に基づき無償公開とします。したがって、自治体は、システム改修により、自治体の特性に合わせたカスタマイズを行うことができます。

公開物の構成とドキュメントのダウンロード

公開ドキュメントは、以下の資料から構成されます。
システム定義書は、地方自治体の職員のうち、危機管理担当およびシステム管理担当の部局の職員を対象に、情報システムの要件定義等をまとめた技術資料です。 システム仕様書はシステム定義書を基に機能の詳細を定義した技術資料です。

※各種ドキュメントにつきましては、GPLの範囲には含まれず、原著作者を明示していただければ、二次的著作物を作成し、営利目的で複製、配布することが可能です。

公開ドキュメント

リリースノート(ドキュメント)

 

ソフトウェアのダウンロード

お申し込み

ソースコードをダウンロードするためには、まずこのページからのお申し込みが必要です。
お申し込みいただきますと、後ほど「ダウンロード用ページ」のURLをご連絡させていただきますので、そちらよりダウンロードしてご利用ください。

関連ドキュメント

リリースノート

クリアリングハウスについて

本システムが活用する『災害リスク情報クリアリングハウス』についてはこちらをご参照ください。

 

デモサイト

(最終更新日:平成28年8月8日)

推奨設定された官民協働危機管理クラウドシステムのデモサイトをお試しいただけます。 
こちらのサイトにアクセスしてください。
(※デモサイトは、システムVer.1.4.0です。)

地震・津波災害版 地震災害版 水・土砂災害版 火山災害版

ログイン情報

班名 パスワード
 本部  demobosai
 避難所担当  demobosai
 道路担当  demobosai
 上位機関  demobosai


利用データ

実証実験地域である三条市、釜石市、小林市のご了解のもと、基本的に一般に公開されているデータを用いています。

機能の制限

通知機能を一部制限しています。

利用可能なブラウザ

Firefox、Chrome、IE11

DEMO Site

(Update date:2017/8/8)

You can try the demo site. In case Please visit this site.
(※System Version.1.4.0)

    水・土砂災害版(English)


Login information

Group name Password
 HQ  demobosai
 ID1  demobosai
 ID2  demobosai
 Higher Level Agency  demobosai

Some notification functions are restricted.

Available browsers

Firefox、Chrome、IE11